読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママが独学で保育士になる!

仕事と子育てをしながら独学での保育士資格の取得をめざし勉強しました。2016年晴れて保育士になりました!

保育園建設の反対運動について

色々な所で、保育園建設の反対運動が起こっているようです。

我が家の近所でも、保育園建設予定地に反対の意思表示をする住民からの看板や張り紙が並んでいました。
結局・・・保育園の建設は中止になりました。
 
建設予定地は、住宅街のど真ん中。
近隣の住民が、騒音や砂埃などを心配するのは当然のことと思います。
送迎時間帯は車の出入りも激しくなることが予想できます。
そう簡単に首を縦にふることはできないでしょう。
 
近隣住民がいない、開けた土地を確保できれば問題の一部は解決されます。
しかし、そんな土地が都合よくどこにでもあるわけではないのです。
更に、待機児童が多い都市部であればあるほど、土地の確保は難しくなるでしょう。
 
実は、幸子の家は公園のすぐ近くです。
休日ともなれば子供たちの声であふれます。
夏休みにはラジオ体操の音も聞こえてきます。
ボールが庭に飛んできたこともあります。
学校が休みの日はすぐに分かります。
地域のお祭りでは、昼夜問わず人々の集う賑やかな日が続きます。
 
想像してみてください。
本当に嫌な事ばかりでしょうか?
なんて素敵なことかと思いませんか?
子供の声が聞こえる毎日って、本当に素晴らしいです。
この地域は、「生きているんだな」って、実感できるのです。
 
かつては子育て世帯であふれていた幸子の実家のある地域。
子供たちが巣立ち、街はすっかり高齢化しました。
道路で遊ぶ子供たちの姿はまばらで、広い公園は悲しげで草が伸び放題。
幸子家族が里帰りすると、賑やかな声が周囲に響きます。
するとね・・・苦情どころか、にこにこしながら皆さん言うんです。
賑やかな声が聞こえて、嬉しいわって。
 
無邪気にはしゃぎ、笑い、感情のままに泣き、感動し・・・。
そんな子供たちの声を「騒音」と思うだなんて、なんて悲しいことでしょう。
モンスターズインクでは、子供たちの叫び声がエネルギー源になっていますが、まさにその通り。
子供の声って、大人達に「エネルギー」を与えてくれるんですよ。
どんなに疲れていても、よしいっちょやってやるか!って思わせてくれるんです。
 
マイナス要因だけに目を向けず、
それをプラスに変えるような視点を持てることを期待します。